地下アイドルまとめブログ

地下アイドル界隈の事柄を、2chとTwitter中心にまとめたブログです

北風インパクトChoque! 草野亜希子さん、2月7日で卒業することを発表 「(母親の)死に目に会えなかったトラウマはいまでもずっと残っていて、なのでもう同じことにだけはなりたくない」と胸の内を告白

C0_DgsAUsAAgMVB.jpg



449: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/01/08(日) 23:12:53.73 0






466: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/01/08(日) 23:17:23.26 0

>>449
お母さんが亡くなられてお父さんに「いつまでアイドルやってんだ」と怒られた子か
まあ年齢的にアイドルは辞めて女優として頑張った方がいいな

220: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/01/08(日) 21:29:49.98 0

北風インパクトが3rdワンマン前にリーダー卒業とか
推してたグループの推しが全員卒業して地下卒業かもしれん



<Twitterでの反応>





















<メンバーの反応>


2月7日(火)に卒業します。

本日、新木場スタジオコーストにて、私、草野亜希子が2017年2月7日(火)に北風インパクトChoque!を卒業することを発表させていただきました。

急な発表で皆さんを驚かせてしまい本当にごめんなさい。

でも、卒業を考えたのは急な話ではなく、かなりの長い時間を費やしての結論でした。

ちょっと長くなりますが、読んでもらえたら嬉しいです。


実は私は、去年の4月26日のモエファーレでの1stワンマンライブで卒業をする予定でした。

私はもともとずっと関西で役者をやっていました。ずっと「女優として海外の作品に出たい!」というブレない軸があって、上京をした最初の1年間は役者として活動をしていましたが、活動の幅を広げる為に「アイドル」という世界に飛び込みました。

最初は目的のための手段でした。正直「アイドル」に対してちょっとバカにしていた所もあったりしました・・・(正直な話ね!)

でも活動をしていくうちに、すごく奥が深くて、同じ芸能の世界でも自分が見てきた世界とは全然違っていて!今まで知らなかったことや、表現に触れて、この「アイドル」という仕事にどんどん誇りを持っていき、極めたい!という気持ちが強くなっていきました。

女優として海外の作品に出たい!というのも、自分がミュージカルの「RENT」を見て影響を受けたのがきっかけで、自分も作品を通して誰かの影響力になりたいというのが理由です。「アイドル」という仕事もカテゴリーは違えど、まさに「誰かの影響力」になる仕事!なのですごくやりがいを感じました。

今まで自分が見てきた「ステージ」は演劇の世界。お客さんを自分の中に入れないことが前提で、ステージと客席には絶対的な見えない壁があってお客さんは「無いもの」として表現をする。けど、ライブってお客さんと目を合わせたり、時には喋ったり!?お客さんを自分に「入れる」ことをする!というか入れることが絶対!

まず、それが役者とアイドルの決定的な違いで戸惑った!

そして自分の活動とファンの皆さんとの人生がリンクする。時には人生まで変えてしまう!(大げさ!?笑)

生身の自分がドキュメンタリー映画の主役というか!役者だと「演じた役」が影響を与えるけれど、アイドルだと「自分という存在」がまさにソレで!

そんなところが「アイドル」という仕事に魅了されたきっかけでした。

すべてを演劇の世界に置き換えてしまうのが悪い癖なんだけど(笑)


時には嫌な思いをすることも沢山ありました。嫌がらせをされたり、信じていた人に裏切られたり、事実にないことを広められたり。そして立場上それを否定も肯定もできなかったことが一番つらかった。

でも、どんな時も応援してくれて、信じてついてきてくれるファンの皆さんの存在があったから、どんなにつらくても私は頑張れました。

ほんとに、ファンの皆さんがいなかったら、4年間もアイドルやっていません!!

草野推しはとにかく熱い人が多くて!そしてなぜかガタイの良い人や怖そうな人やムキムキが多いってよく言われてました(笑)なんでだろう!笑

そしてガチ恋も多くて・・・?(笑)ときには「病む」という「負」の影響を与えてしまうことも多々あって本意ではなかったけれど(笑)でも病むほど好きになってもらえて嬉しかったです!

そして対バンでかぶったら必ず会いに来てくれる人が多いのも草野推しの特徴でした。だからいつも物販列が途切れない!っていうのが私の自慢で。もちろん一推しとしてお目当てで来てもらえることが一番なんだけれど、、、でも対バンで出演者リストを見るたびに会いに来てくれる人の顔がポコポコ浮かんで。そして必ず物販にも来てくれるっていうのが本当に自慢でした。本当に嬉しかった!

あと、女性のあっこぷ推しは本当に本当に自慢でした!同性に応援してもらえる事ほど嬉しいことはない。本当に自慢でした!!

あと、昔から末永く応援して下さっているファンの方も。沢山ライブは見に来れなくても、でもずっと離れずに応援してもらえてることがいつも本当に嬉しくて。本当に感謝しています。

そして北風インパクトChoque!のインパクターさんは、メンバー全員が好きって方も多くて。あっこぷ推しじゃなくても毎回お話しに来てくれたり…いつも本当に支えてもらいました。

そう。何度も書きますがファンの皆さんがいなかったら、私はこんなに長くアイドルはやってなかったと思います。本当に本当に感謝しています。みんなの事が大好きでした!


皆んなのことが本当に大好きだった!


そして自分のなかの「女優」というゼッタイにブレない夢があったから、どんなにつらいことも乗り越えてこれましたが、一昨年の11月に母が亡くなるという大きな出来事がおきて、状況は一変しました。

自分の中でいろいろと現実を見つめなおすこともあって。とりあえず、自分が本当に目指しているのは女優ということもあり、去年の丁度この時期に事務所の方に「グループを卒業しようと考えている」と相談をしました。

でも、私が抜けたら北風が3人になってしまう。なので今は抜ける時期ではないという結論になりました。自分で言いだしておきながら、自分でも今は時期ではないと思いました。

なのでそこからは「卒業するタイミング」をずっと探していました。

実際、私の中の「アイドルとしての夢」は、「マイクを持って歌う」と「大きな会場で沢山の方の前でライブをする」の2つだけでした。自分が前に所属していたユニットでやり残したことです。だからこの2つさえやりきったらもう充分だった。

なので去年の4月の段階から、メンバーには「メンバーが増えたら近いうちに卒業をする」と事あるごとに何度も伝えていましたが、新メンバーが加入して、そろそろかな・・・なんてタイミングで減ってしまったりして。。なんというか「辞められない」状態が続いていました。

そしてまなちゃんの加入も決まり、次の区切りである11月6日のワンマンで卒業発表をしようと思っていたのですが、、、またしても自分より先にグループを去る者が出てきてしまい。


結局いつまでも「抜けられない」状況が続てしまいました。


なので、いろんなことが落ち着いた今、卒業という発表をさせていただきました。


いやいや、落ち着いてないよ!4月26日の3rdワンマンがあるじゃん!って思う方もいるかもしれません。もちろん私も正直なところ、ワンマンに出たいです。

けれど、今までずっとずっとこの状況が続いてきました。グループが心配だから、今は時期じゃないから、けどそれを言い出したら、またずっと「辞めれない」が続いてしまう。

また、私より先に誰かが辞めて、辞めれない状況になるかもしれないし!(笑)


そしてもう一つ理由があります。


それは、実家の父の状況が少し心配ということです。


元々病気を持っているのですが、妹から最近父がちょこちょこ調子が悪いと連絡がくるようになりました。母が亡くなってから、家のことをすべて1人でするようになったのも原因かもしれません。

「余命2ヶ月」と言われているのにも関わらず帰らなくて、死に目に会えなかったトラウマはいまでもずっと残っていて、なのでもう同じことにだけはなりたくない。


女優になりたくて上京して、アイドルで終えて大阪に戻るのはすごく心残りではあります。でも私の夢は東京で活動していく中でどんどん変わっていきました。


「女優として海外の作品に出る」もずっとブレない1つの夢。けど、芸能以外でもやりたいことや新たな夢が沢山でてきました!その夢をかなえるために大阪に戻ります。だから、悲しい大阪への帰郷ではありません。


もしかしたら皆さんとまた会えるかもしれないし、もう二度と会えないかもしれません。ただ、アイドルとして皆さんの前に現れることはもう無いとおもいます。(年も年だし!笑)

なので、残り少ないアイドルとしての草野亜希子に沢山会いに来てもらえたら嬉しいです。


辞めるということは1年前からずっと伝えていたけれど、いざ決定事項としてメンバーに伝えた時は本当につらかった。みんな泣いてくれて、一緒に辞める!!なんて言ってくれたメンバーもいて。。それだけでも嬉しかった。

なんていうか、この1年間は私は本当にメンバーの為に、北風にいました。自分の夢を止めてまで「北風」を大切にしました。それだけメンバーが大切だった!別にどうでもよかったら、自分の方が大事だったら・・・とっくの昔に辞めてました。


出来る事なら離れたくないけれど・・・けど、、、


でも私は離れます。


だからこそ、これからは「草野辞めて北風良くなったな~」って言われてめっちゃ悔しい思いをさせてほしいです!「私が辞めるとグループが心配」なんてめっちゃ偉そうなこと言ってたよね、あっこぷいない方がいいじゃん!って悪口沢山いわれるほどになって欲しいです!!!


めっちゃ悔しいけど!!!笑


私が人生をかけて大切にしたグループです。

これからもずっと応援をよろしくお願いします。



そして2月7日(火)に大好きな目黒鹿鳴館にて「草野亜希子卒業ワンマン」を行うことになりました。


私には北風インパクトでの活動の中で、めっっっちゃくちゃ悔しい出来事が1つあります。それは、11月6日の渋谷WWWでのワンマンで皆さんとの集合写真を撮り忘れたこと!!!!これが未だに悔しくて!

だから私からの最後のお願いです。会場を埋め尽くした、たくさんの方との集合写真を撮りたいです!!

平日ですが、約4年間のアイドル最後の日を、もしかしたら芸能人生最後の日になるかもしれない日を、沢山の方に見守ってもらえたら嬉しいです。そして写真を撮らせて下さい!

今まであっこぷに1回でも会ったことのある方。この日だけはあっこぷに下さい。最後に会いに来てください!待ってます!!


そして事務所の社長をはじめ、スタッフさんには本当に良くしていただいて心から感謝をしています。

特にFES☆TIVEプロデューサーの世古さんには本当に感謝をしています。悩みが出来たらいつも一番に相談に乗って下さり、いつも的確なアドバイスを下さいました。世古さんがいなかったら、私はこうやってアイドルをやりきることは出来ませんでした。北風インパクトというグループを作って下さったことに本当に感謝しています。

卒業発表が北風吹き荒れる暴風雨の日だったのは本当に巡り合わせだったなって思ってます。本当に今日は「起こせ北風」って日だった!!


すーっっごくたくさんの方の前で卒業発表が出来て幸せでした。


何かを察して、会いに来てくれて本当にありがとう。


つらつらと長々と書きました。これで全てになります。読んでくれて本当にありがとう!



残り1か月、全力でアイドルを楽しみます。やり切ります!


最後まで応援お願いします!


そして2月7日(火) 鹿鳴館で待ってます!

o0480064013841100802.jpg


2017.1.8 北風インパクトChoque! 草野亜希子

2月7日(火)に卒業します。









<以前の、お母さんが亡くなった時の草野亜希子さんのブログ>

皆さんにご報告

2015-11-20 20:17:33

私から皆さんにご報告があります。




この話はとても重い話なので、読みたく無い方は読まない方が良いと先にお伝えしておきます。




でも、私は全てが終わった時に、ファンの皆さんには全てを包み隠す報告すると最初から決めていました。




だから私のワガママでこのブログを更新させていただきます。



ちなみにメンバーにも一切話していませんでした。このブログを見て全てを知ることになると思います。





それではご報告します。





11月15日の日曜日、大好きなお母さんが天国に旅立ちました。






母はまだ60代でした。そして病気が発見されてから3ヶ月半で亡くなりました。あまりにも早すぎる死でした。




母の病気はガンでした。




末期ガンでした。






忘れもしない7月27日



その日は新宿ReNYでライブがありました。ライブの出番前にお父さんから何度も電話がかかってきて。けど、すぐに本番だったので電話には出ませんでした。


ライブをして、物販をして。



先にお父さんに電話をしたら時間が取られてしまうので、Twitterやブログの更新を行って落ち着いたら折り返しました。



お父さんは電話で落ち着いた声で言いました。



「亜希子、落ち着いて聞けよ。お母さんがガンになった。」



あまりに落ちついて報告するものだから、深刻なのが瞬時にわかりました。そして最初にこう聞き返しました。



「死ぬの?」



私も思いっきり落ち着いた声ではっきりと聞き返しました。




父からは病院の先生には、胸にかげがある。そして、肝臓にも腫瘍があるので明日ご家族そろった状態で病名のお話をしたいと言われたことを伝えられました。



遠回しに言っていますが、いわゆる乳がんからの肝臓転移なのははっきり解ったことでした。



そして父は言いました。



「肝臓は代わりがなくて切れない臓器だから転移したら治らない。明日は余命宣告だ」と。



嘘だと思いました。




ドラマかと思いました。



そういえば思い出しました。お母さんは2週間前の7月14日、私の誕生日の時に生誕祭に行きたかったけど、体の調子が悪いからやめておくと言っていたことを。



お母さんは電話でこう言っていました。



「あっこちゃん、どうやらお母さん肝臓の病気になったかもしれないんだって。まだわからないんだけど。たいしたことはないから心配することじゃないけれど、一応報告ね。」




その時期母はずっと調子が悪くて、病院に行ったら「風邪」と診断されて薬を飲んでいたそうです。けれどその「風邪」がなかなか治らなくて、何回も通っていたそうで。


見かねた父が「ちょっとおかしいから別の病院に行け」と連れて行き、そこの診察で肝臓の数値が異常だと出たことにより、精密検査に入り…



その検査結果が出たという事でした。



あまりに急な出来事でした。





次の日の28日はアキドラでライブがありました。そして北風インパクト15日連続ライブの最終日でした。



どうしても出たかった。



マネージャーさんには父との電話後すぐに連絡をしました。



相談した結果、「別仕事」という形でお休みすることになりました。メンバーにもファンの方にも心配をかけたくなかったからです。



8月に何度かお休みした「別仕事」は、実は実家に帰っていたからでした。



嘘をついてごめんなさい。




28日は朝一番の新幹線で大阪に帰りました。私は新幹線の中でガンについてずっと調べていました。



「乳がんからの肝臓転移」



検索結果には良いことは一つも書いていませんでした。私は周りの人にバレないようにずっと泣いていました。




家に帰ると母はすごくすごく元気でした。「なんかガンらしいのよ。」



そしてあまりに能天気でした。少し前にガン保険に入っていたのよ!よかった、ラッキー!とまで言っていました。




その明るさに救われました。




そしてみんなで病院に行きました。病院の偉い先生に家族みんな(お母さん含め)呼ばれました。お母さんは自分の病気についてどんな状態であってもはっきりと知らせて下さいとお医者さんに言っていたからです。



お医者さんは同じようなことを何回も何回もぐるぐる説明しました。30分?一時間?



いわゆる乳がん。しかし、発見が遅すぎて、肝臓だけでなくリンパにまで転移していると。治ることはありませんと言いました。



けれど、一番聞きたいはっきりした事は言ってくれませんでした。




では、以上です。という形で病室から出されました。けど、私は一人すぐ病室に戻りました。お父さんはそれを察して妹とお母さんを別の場所に連れて行きました。



私ははっきり聞きました。



「で、あとどれくらいで死にますか?」




あえてこの言葉を選びました。



そして私は今東京に住んでいて、休みを簡単に取れる仕事ではないから、はっきり全てを教えて欲しいということも伝えました。



30分、一時間かけて回りくどく説明していた先生が、すぐにこう言いました。



「早くて1週間、長くて2ヶ月です。」




ステージ4。いわゆる末期ガン。発見が遅すぎたとの事でした。



ただ、まだ抗がん剤治療をしていないから、もし薬が聞いたらどんどん命は伸びていきますとのことでした。




病室から出てお母さんと合流したら、お母さんはびっくりするほど前向きでした。



「ガンの治療は2年くらいかかるとか聞くからねー!頑張らなくちゃ!髪の毛抜けるとか聞くけど、仕方ない!」



母は治ると思っていました。



さっき、お医者さんはお母さんの前でも「治ることはない」ってはっきり言っていたのに。



「治らないって言われても治った話なんてたくさん聞くしね!お母さん頑張るから!」



家でお医者さんに聞いた余命をお父さんに話しました。



お父さんは「そうか。」と言ったまま庭に出てしまいました。



私は自分の部屋で息を殺してずっと泣いていました。




妹には伝えませんでした。




次の日の29日まで大阪にいたけど、30日にとりあえず東京に帰りました。その週末のお台場アイドルフェスティバルに出たかったので。


夜行バスで戻り、仮眠を取って30日はアイラブトウキョウでライブでした。ふらふらしてた。ワンピース公演だったな。今でも覚えてる。



そしてまた次の週に大阪に帰りました。5日のzooステージはその為にお休みさせていただきました。この日から病室に入院だったからです。


お母さんはとにかく元気でした。先生は怖いことばかり言うけど、本当にこれが末期ガンの患者なのか?ってくらい元気でした。元気というより「普通」でした。



ただ、ずっと背中?お腹?らへんが痛いと言うのです。お腹はトイレに行ったら治るし、背中は湿布貼ったりさすれば楽になりますよね?でも、そういうのでは治らない表現しがたい痛みだと言うのです。



「肝臓」が痛いんだろうなって思いました。けど、その痛みは治らないもの。


痛い、痛いと聞く度に、解ってあげられない辛さに泣きました。



とりあえずめちゃくちゃ普通に元気なので、東京に帰りました。9日にはスタジオコーストのでっかいライブもあるし、そこからお盆も毎日ライブがあったので。



お盆があけて17日くらいからまた大阪に帰りました。抗がん剤治療が始まるからです。なので19日のzooステージはお休みさせていただきました。



やっぱりお母さんは元気なのです。本当に普通なのです。だから、私の中でお母さんが末期のガンだということが薄れてきました。こんな頻繁に帰らなくても大丈夫じゃないかと。1週間、2ヶ月って言うのはお医者さんの脅しではないかと。



だからお母さんにはっきり伝えました。



「お母さん、早くて1週間、長くて2ヶ月って言われたんだよ。でも、なかなか死にそうにないね(笑)」



お母さんも「いやー、自分でもまだ死なないとは思うよー!(笑)」



正直な話、この頻繁で大阪に帰るのは私の金銭的にかなり…いや、相当な負担でもありました。



正直、お金の限界でもありました。




実は、私は母からは父に内緒で少し援助をしてもらっていました。それが一切なくなってしまいました。



10月の頭に引っ越しをしたのもその為です。今のままでは東京で暮らして行けないので、家賃をかなり下げた所に住み替えました。かなり下げましたが、とても快適です。最初からここに住めば良かったと思っている程です。



お父さんには遠回しにお金が厳しいと言いました。



元々芸能活動に対してずっと否定的だった父の私へのあたりはますます強くなりました。



「それでも東京に帰るのか!」



でも、辞めて大阪に帰ってこいとは言いませんでした。




自分でもどうしたらよいかわからなくなってやっぱり一人で部屋で泣きました。




19日に東京に戻る日、お母さんはカツラ(ウイッグ)を買いに行きました。今後の抗がん剤で髪の毛が全部抜けてしまうからです。



お母さんはすごく楽しそうにウイッグを選んでいました。そしてお父さんはウイッグをつけたお母さんを「似合う似合う」と褒めていました。



ウィッグがびっくりする程高かったので、私は「こんな高いのもったいないから買わなくていい!」と言ってしまいました。



その言葉に父は「亜希子!!」と怒りました。



そしてお母さんに聞こえない所で「お母さんが楽しんでいるんだから、どんな値段でもいい!」と言いました。



帰りの車の中でずっとお母さんはウキウキしていました。このウィッグがあったら髪の毛なくなっても大丈夫だ!と。父はずっとずっと「似合ってる」と褒めていました。



私は後ろの席でその二人のやりとりを聞きながら、とにかくバレないようにずっと泣いていました。



ちなみにこの8月19日が私が生きているお母さんを見た最後の日になりました。




お母さんは帰る前日の夜、私に向かって泣きながらこう言いました。



「大阪に帰ってきて」



でも私は東京に戻りました。




9月と10月は一日も大阪に帰りませんでした。お母さんがあまりに元気すぎたので、錯覚していたのもあります。まだまだ大丈夫!と。



あとお金も厳しかった。



9月はシルバーウイークがあったり、10月は11月3日のファーストシングルリリースに向けて予定が詰まっていたりともあって「帰れなかった」のもあるのですが。



でも今思えば8月はライブを休んで帰っていました。「帰れなかった」なんて言い訳。



休んで帰れば良かったかな。






お父さんの風当たりはますます強くなりました。夢を追いかけるのはいいけど、将来のことも考えたら?と。



「将来って何?これが私の将来なんだけど」



私の仕事に対して色々言う父に、私は意識的に父と連絡を取らなくなりました。それに伴い母にも連絡頻度は落ちていきました。





10月頭の段階で11月16日の週はライブが無いと解っていたので、先にお母さんに報告を入れていました。




10月頭の時点でお母さんは「もし体調が良かったら、亜希子が行きたがっていた草津温泉に行こう」と言いました。私もうん!と言いました。




11月8日お母さんから電話がかかってきました。


「16日に帰ってこなくていいよ。最近体調が良く無いから、お父さんに当たったりしちゃってて。帰ってきても亜希子とケンカになるんじゃないか?」



「悪いならなおさら帰らなきゃでしょ!とにかく16日に帰るから!わかった?」


そう言って私は電話を切りました。



それが母と話した最後の会話でした。




その時父にも電話しました。16日の早朝に大阪に夜行バスで着くから!お母さんの調子はどう?



お父さんは「自分の目で確かめろ」



それしか言いませんでした。



妹に電話すると「最近は良い日と悪い日の差が激しい」との事でした。



でもお母さんの声はいつもと変わらず元気でした。だから私もいつもの調子で電話を切りました。



後から聞いた話ですが、8月の私が最後にお母さんに会った日から3日後、抗がん剤治療をし始めてから日に日に体が悪くなっていったそうです。



抗がん剤の副作用もひどく、物を食べることができなくなり、最終的に何も口にしなくなったそうです。だからどんどん弱っていって。亡くなる前日は立てなくなったそうです。



抗がん剤の辛さに、最後の方は治療を拒否して。ずっと痛い痛いと叫んでいて(何が痛いのかもわからない状態だったそう)



そしてずっと泣いていたそうです。




私は母がそんな状態にあることを全く知らされていませんでした。



その状態を電話で私に伝えても心配するだけだし、とにかく11月16日に帰ってきた時にお母さんをみたらすぐに状態がわかるだろうという父の判断でした。


私はたまに電話する母の声が元気だったから、そんな状態だとは全く思ってもみませんでした。



父と妹いわく、亡くなる前日まで声だけはしっかりしていたそうです。



声がしっかりしていなかったら…もっと早く気がついてあげられたのかな。



全てが後付けですが。



だから最後の3ヶ月間、父と妹が介護で疲弊しきっていた事実を私は全く知りませんでした。


知らないまま、日々を過ごしていました。




11月15日。



その日は池袋ルイードK3とアキドラでライブがありました。



アキドラでライブが終わったあと、急いで家に帰って慌てて準備をして、夜行バスに乗り込みました。



「一夜づけ」のOAが見れなかったのもその為です。



バスの中ではほぼ全く眠れませんでした。




最寄り駅につき、お父さんが車で迎えに来てくれました。いつもの調子で、いつもの雰囲気で。「バスで全然寝れなかったんだよね~」なんて話ながら。



でも会話はとくになく(私が眠かったのもあって)家に着きました。



駐車場で父が私に言いました。



「いいか、良く聞け。最悪の状態になった。」



私は瞬時に「あぁ、もう話とか出来なかったりするのかな」と思いました。



最後に会った時が元気だったから、どんな状態なんだろう。でも先週電話した時は元気だったから、話は出来る気がする。寝たきりとかそんな感じになったのかな。瞬時に色々考えました。




でも怖いから何も聞かずに家に入りました。



お母さんの部屋をあけると、ベッドにはいませんでした。「あ!起きてるんだ!起きれる状態なんだ!」と思いました。



寝たきりと思っていたから瞬間的に安心しました。



そしてリビングに行こうとしたら、父が「違う、和室にいる」と言いました。



和室はリビングと繋がっているから、和室に寝ていたらいつでも家族が見れると言うこと。だから、あぁ、やっぱり寝たきりになっちゃったのかなのかなと思いました。




和室を開けました。



母は…

















亡くなっていました。











お父さんは言いました。






「昨日死んだ。」






父も泣いていました。





あれ?こないだ電話で話した時元気だったのに!!



私はすぐに通話履歴を見ました。



「携帯なんか見なくていいから、お母さんの顔を見てあげなさい!」



「いや、だって、最後にお母さんと話したのはいつだろうって。」




私はしばらくボー然として、携帯の着信履歴ばっかり見ていました。お母さんの顔を見れたのはそれから1時間後でした。



涙が出たのも1時間後でした。




母は私が前日にライブをしている時間帯に亡くなっていました。



でもすでにその日の夜行バスで帰ってくることは解っていたので、バスの中で悲しい思いをさせても仕方ないと言うことで私には伝えなかったとの事でした。父の優しさでした。




私はしばらく現実を受け止められずにいました。だって、会えると思って帰ってきていたので。



会えると思っていた人と、もう二度と、永遠に会えない状態。



扉を開けた瞬間に目に入った風景、そしてこのショックは今後もずっとずっと引きずると思います。絶対に消えない。それと同時にたくさん会ってあげられなかった事への後悔も。



東京に上京してからのこの4年間は、ありがたい事に仕事が忙しすぎてあまり大阪に帰ってあげられませんでした。もちょっと会いにきてと言う母に「私がやってるのは普通の仕事じゃないんだから!」と何度も言いました。



「普通の仕事は休めるかもだけど、芸能の仕事は代わりがいないんだから。そんな頻繁に休めるわけないでしょ!」




そんな事を言いました。






芸能界って、親が死んでも舞台に立たないといけない、笑っていないといけない。そういう世界なんだよって尊敬する俳優さんに昔言われた事がありました。



私は自分は芸能界にいるというプライドがありました。だからお母さんにそういう事を言っていました。



そんなプライド捨てたらよかったのかな。





お通夜、お葬式と淡々とすぎていきました。久しぶりに会う親戚に気がはったし、ドタバタすることで少し現実から離れられました。



けど、やっぱりふとした瞬間にお母さんにはもう二度と会えないという現実に戻されて。



そしてその度になんで9月、10月、1回も会いに帰ってあげられなかったのかと何度も何度も悔やみまました。そればっかり。




でもその9月10月で出会えたファンの方がたくさんいます。ライブを見に来てくれた方がたくさんいます。



だからライブに出て良かった。正解だったと思う自分もいて。



頭の中がぐちゃぐちゃしています。




なんではっきり「お母さんの状態がかなり悪いから、しばらく休みを取って帰って来なさい」って言ってくれなかったんだろう。そう言ってくれたらしばらくお休みして大阪に帰ったりとかできたのに。



何度も何度も思いました。けれど気がついた事がありました。




お母さんの状態を言ってしまうと、私は夢を諦めるという選択をするかもしれない。私の人生を変えかねません。



実際、8月19日、東京に戻る直前にお父さんに泣きながら「まだ夢を追いかけてもいいかなぁ?」と聞いてみました。



お父さんに仕事の話をしても、100%否定的なことしか言われないのは解り切ったこと。舞台もステージも見に来ない父です。口ぐせは「いつまでやるんや」でした。だから私も今まで一度も仕事の相談をしたことはありません。



でも、あの瞬間なぜか聞いていました。私の精神状態も相当不安定だったのだと思います。




父はこう答えました。



「とにかく納得するまでやり切りなさい」



生まれて初めて、父に自分の夢を応援された瞬間でした。





「いつまで東京にいるんだ!いつまで夢を追いかけるんだ!」の言葉は、父が私の人生に気を使い、けれど気が付かせる為の精一杯の遠回し表現だったのだと思います。なのに私は自分の夢をただ単純に否定されていると思い込み、自ら距離を置いていました。私が気がついてあげられなかっただけでした。





でも父にも「こんな急に逝くとは。誤算だった。」とも言われました。




それくらい急すぎる出来事でした。



そして、16日に帰るって言ったのになんで15日に死んだのか。



何度もお母さんに尋ねたけど…答えてくれませんでした。



なんであと1日、たった1日待ってくれなかったのか。



先週の電話で「会いたくない」って言っていたから、本当に会いたくなかったのかな?なんて思ったり。



自分に良い風に、悪い風に、いっぱいいっぱい考えました。



でも何度考えてもたどり着く先は



なんで9月と10月に1回でも会いに帰ってあげられなかったのか。



そればっかり。






私は親不孝です。




余命をちゃんと宣告されているにもかかわらず、たくさん会いに行ってあげられませんでした。



そしてずっと会えると思っていました。




親より自分の夢を取りました。自分自身を取りました。本当に親不孝です。




けど、お母さんは昔から一番私を応援してくれていました。



私がTVに出るたび、CDをリリースするたび、すごくすごく喜んでくれました。



活動準備期間でいろいろあった時は気分転換にハワイに連れていってくれました。今年3月の話です。


そういえば、ハワイにいった時も「最近しんどくて」とホテルで休憩する時間が長かったのです。



今思えば、その頃からガンを患っていたのではないかと思います。



話を戻しますが、そのハワイに行った時期は、仕事が少し止まっている時期で、精神的に辛い時期でもありました。



母はそんな私をたくさん元気づけてくれました。



そして帰国したら、仕事がすぐに動き出しました。母は「ほらね!」と言ってくれました。



「待てば海路の日和ありよ!」



お披露目も見に来てくれました。「人がいっぱいいて見えなかったわよー!」と言われました。また見やすい時に行くねと言いました。これが母が北風インパクトのライブを見た最初で最後でした。



実は生誕祭に来たがっていました。それが最初に書いた7月14日らへんでした。「体調が悪いから行けなさそう。来年あったら行きたいなぁ」と言っていました。



その夢は叶わなくなりました。



私もお母さんにあの素敵な生誕祭見て欲しかった。無理してまでも呼べば良かったかなと思います。



スタンドフラワーや、ケーキの写真を見せたら「すごいね!!ますます行けばよかった」と言われました。



「ファンの人に感謝しないとやね!」



来て欲しかったなぁ。




私のこの3ヶ月半の選択は今でも正しかったかわかりません。



お母さんより、自分の夢を追いかけたことを。



たくさん会ってあげられなかった事は、かなり後悔はしています。ずっとずっと悔やんでいて、悔やんでも悔やんでも悔やみきれなくて…



けれど、私は母と同じくらいに北風インパクトが大事だった。



北風インパクトは私だけの夢ではありません。所属事務所「RIZEプロダクション」の夢でもあるし、スタッフさんの夢でもあるし、メンバーの夢でもあるし、そしてファンの皆さんの夢でもあります。



私一人の夢じゃないから。



みんなの夢を守りたかったから。




だから私は夢を追いかけました。




そしてライブに出なければ出ない分だけ、またたくさん後悔していたと思います。だから帰らずにライブに出ました。



これは自分勝手な理由だけど。





私のこの3ヶ月半を、包み隠さず全て書きました。それには理由があります。



母の死に対して、同情して欲しいからとか、私の辛さを知って欲しいからとか、そういう思いで書いたわけではありません。




私はこの3ヶ月間、母より自分の夢を取りました。それだけ私はこの仕事に本気なんです。楽しいからとか、そんな思いで活動しているわけではありません。中途半端な思いで、上京して芸能活動しているわけではありません。



その気持ちはこれからも変わりません。



これからもこの夢を追いかけます。その感情を知って欲しかったし、宣言したかったからです。





今は本当に本当に辛くて。知らぬ間に涙が出てくるし、泣きたくなくても涙がずっと出る状態です。



けれど、それと同時にずっと頭の中に北風インパクトの事を考えている自分がいます。



ファンの皆さんの事を考えている自分がいます。



北風インパクトが大好きだから。



みんなの事が大好きだから。



ずっとずっと考えています。



お母さんはあえて1周間ライブの無い週のはじめに亡くなりました。



お休み期間のうちにお通夜、お葬式、片付けが出来るようにしてくれました。



それって…私にライブを休ませたくなかったからなんじゃないかななんて、勝手に思っていいて。




ほんと、自分勝手な解釈だけど。



だから不謹慎かもしれないけれど、私はステージに立ちます。




だから、見に来て欲しいです。




ステージ上ではいつもと変わらないパフォーマンスをすることを約束します。パフォーマンスが悪かったら怒ってもらって結構です。



そして、これからお母さんに胸を張ってたくさん嬉しい報告を出来るように頑張るし、お父さんにも認めてもらえるように頑張ります。



私は最初「女優」をする為に東京に上京してきました。アイドル活動を初めてから、母はずっと「歌って踊るのもいいけど、早くお芝居しているところも見たいな」と言っていました。



正直な話、私はアイドルには女優になるためのステップとしてなりました。最初はアイドルになりたいとは思っていませんでしたし、むしろ否定的でした。たまたま通ったオーディションがアイドルだった。そんな理由です。



けれど、活動して行くうちに意識は変わりました。そしてこの活動を主軸に置きながら、お芝居や別の活動もできたら良いなという意識に変わりました。



もちろん昔から目指している、海外の作品に日本人の役として出るという私の夢はずっとブレていません。これからも目指し続けます。



けれど私は今、アイドルに本気です。アイドルという仕事が大好きです。



これからもこの道で頑張りたい。



だから、だから。



これからも草野亜希子を、そして北風インパクトを応援してもらえたら嬉しいです。



宜しくお願いします!






思いついたままにつらつら書いたから文字が変だったりしてごめんなさい。


すごくすごく長い文章になりました。けど私の全てを書きました。本当に長々読んでくれてありがとう!




最後に。




頑張る頑張るって強い事を書いたけど…




ステージを降りたら、やっぱりしばらくはショボンとしちゃうかもしれません。



パワーをあげないといけない側の人間だけど、しばらくはもらってしまう側の人間になってしまうかもしれません。



たくさん頼ってしまうかもしれません。



ごめんね。




でも、すぐに元気になります!




だってみんなに会ったら、私はどんどん元気になるから!だから会いに来て欲しいです。




ちょっとだけの期間は、心配させちゃったりするかもしれないけど、許してください。ごめんね。



すぐ、与える側の人間になります!




だから心配しないでください。




早くみんなに会いたいです。くだらない話とかいっぱいしたいです。




ここ最近は泣いてばっかりだったから、みんなとは思いっきり笑いたい!だから、深刻な感じでは会いにこないで下さい(笑)




楽しみにしています!





まとまりのない文章でごめんね。



でも、思ってること、感じてること、包み隠さずに全てを書き切りました。




最後まで読んでくれて本当にありがとう!




北風インパクトには後悔のないように、明日からまた全力で頑張ります!!




宜しくお願いします!





草野亜希子

皆さんにご報告



<草野亜希子さん画像と動画>
C1FZnJmUAAATNaC.jpg
C1FZnK1VQAAnEWg.jpg
o0480062113816586311.jpg
o0480064013806544043.jpg
o0480033513804411259.jpg
o0480064013800789979.jpg
o0480064013790100466.jpg
o0480064013818258814.jpg
o0480064013817766531.jpg
o0480072213824813187.jpg





















元スレ:http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1483855934/
元スレ:http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1483611144/
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
みんなの広告
画像クリックで詳細ページに飛ぶよ!

現在、無料でみなさまからの広告を募集してます(詳しくは下記詳細を御覧ください)

詳細(←クリックで開きます)
今週リリースのおすすめ曲

PASSPO☆「すてんだっぷガールズ! ~第1話 ダメダメ怪獣にご用心~」


LADYBABY「Pinky! Pinky!」


東京cutecute「未完成の少女」


パピマシェ「わがまま GOD」


miracle2 from ミラクルちゅーんず!「JUMP!」


妖ベックス連合軍「ハロ・クリダンス」


Yes Happy!『Last Summer』


Lovelys『RioSaki』


SKE48『SKEフェスティバル』

ハトが推すさん「強オタ百選」最新作
ぺろりん先生 最新投稿イラスト
<↓ぺろりん先生の本↓>

今作はSNS特集
「アイドルとヲタク大研究読本 ♯拡散希望」

地下アイドル総合サイト
アイドル連載や人気ヲタ絵師の漫画等
地下アイドル周辺情報を幅広く発信
今日のナイスOPI
熊澤風花美少女写真館
星名はるちゃんの2学期日記
キャンディzooひみちゃんのペンギン日記
みんなのこどもちゃんほのかちゃんかわいいルーム
WEB SHOP
虹のコンキスタドールのツイートを貼るスペース
絵恋ちゃんに関するツイートを貼るスペース
里咲りさのZepp、Zepp Diver Cityワンマン大成功
カテゴリ
2& (2)
963 (1)
AIS (1)
BiS (2)
GEM (4)
HR (8)
PIP (2)
X21 (2)
当ブログおすすめ写真集

大原優乃「実は私、○○だったんです」


武田玲奈2nd写真集「rena」


林田真尋 ファースト写真集 『 MH0507 』 Amazon限定カバーVer.


伊藤萌々香『MI1215』


忍野さら ファースト写真集『さらら』


藤田恵名『担任の藤田先生(解禁グラビア写真集)』


木﨑ゆりあ『Stagedoor』


浜辺美波写真集『voyage』


黒木メイサ写真集「INCARNATION」


橋本梨菜 ファースト写真集 『 RINA × BLACK 』


嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい写真集


RaMu DVD付き写真集『らむね』


黒宮れい 1stフォトブック『0 -rei-』


京佳ファースト写真集『Thankyouka!!!』


馬場ふみか2018カレンダーブック


馬場ふみかファースト写真集『色っぽょ』


永井里菜『オトナになりな』


最上もが1st写真集『MOGA』


朝長美桜 1st写真集『日向』


ふわふわ1st写真集『ふわふわです』


CYBERJAPAN DANCERS 1st PHOTOBOOK
遠征先の宿さがし




当ブログイチオシDVD

長澤茉里奈「まりな だって好きなんだもん」


武田玲奈「rena」


紗綾「Love U~揺れる距離感~ 」


多田愛佳/夏と愛佳と、、、


花井美理 Secret Lover シークレットラバー


柳瀬早紀 いつも笑顔で


安田七奈/Rainbow~なないろ~


森咲智美「Pandora」


和地つかさ「ずっとそばに」


西野花恋「ニーハイコレクション」


桐山瑠衣「るい、あなたの妻になれる?」


菜乃花「なの想い」


久松郁実「いくみんのスポコス“I LOVE SPORTS!」


久松郁実「193(いくみ)」


RaMu「R-19」


永井里菜「りなベイビー」


百川晴香「はるかなひととき」


青山ひかる『無防備な誘惑』


西野早耶『さややんとにこにこ旅行』


金子理江『emotion』


太田和さくら『さくら色のラブレター』
いこう!遠征






料金比較は楽天トラベルか、じゃらんが便利です

当ブログイチオシ盤
原駅ステージA&ふわふわ『Rockstar/フワフワSugar Love』

夢みるアドレセンス『おしえてシュレディンガー/ファンタスティックパレード』

小娘『花園、、、快感!』

キャンディzoo『ORANGE SINGLE』

sora tob sakana『sora tob sakana』

sora tob sakana『cocoon ep』

2o Love to Sweet Bullet『未来の幸せ』

乙女新党 『第二幕 ~旅立ちのうた~』

amiinA『Avalon』

黒猫の憂鬱 『君が僕を追い越すまで』

フィロソフィーのダンス『FUNKY BUT CHIC』

pax puella『冬のヒミツ』

りんご娘『RINGO STAR』

Devil ANTHEM.『Fever』

Japan Idol File

Japan Idol File 2
今売れてるアイドルDVD
ヲタの必須アイテム
ベストセラー1位の定番キンブレ



スマホでカラーチェンジできるハイテクキンブレ

女性に人気の小ぶりサイズのキンブレ



君もバルログデビュー!ルミカライト25本

アイドルとの思い出のチェキを大切に保管 240枚入るカードホルダー
カメコデビューならこれで間違いなし
Nikon D7200 18-300VR レンズキット

SDHCカード 32GB

液晶保護フィルム


Neewer® NW-561 スピードライト

アルミニウム三脚ボール雲台キット

カメラバッグ
アイドルとヲタのことがわかる書籍

アイドルとヲタク大研究読本


職業としての地下アイドル


潜行 地下アイドルの人に言えない生活


50代からのアイドル入門


アイドルのいる暮らし


ヒロインたちのうた


IDOL DANCE!!!


アイドル=ヒロイン


新潟発アイドルNegiccoの成長ストーリーこそ、マーケティングの教科書だ


「アイドル」の読み方


渡辺淳之介:アイドルをクリエイトする


ゼロからでも始められるアイドル運営


ご当地アイドルの経済学


アイドル楽曲ディスクガイド


元アイドル!
地下アイドル総合掲示板
地下アイドルについて調べたいならまずここ!

アイドル走り書き